FC2ブログ
ブログde難波館
Web Site「千景万色」を富士山写真の定番にする野望を持つアマチュア写真家「ヒロ難波」の独り言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/7/26 白馬三山大縦走1
 7/26(木)、年休を二日も取って、会社の山岳部メンバー6名で、
白馬三山大縦走にトライ! 私が夏の時期に行ったことがない・・・
それだけでプランが決まる(いつもの事・・・)
 今回は、栂池から入って白馬大池、白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳、
白馬鑓温と廻るゴールデンコース。
 一番暑い時期なので、水分が欠かせないため、荷物が増える、
従って、通常1日で行けるルートを二日に分け初日は白馬大池小屋に
泊まる。
 深夜2時過ぎに平塚を出て、中央高速をひた走って豊科から
白馬村へ。白馬村付近で霧が晴れ、白馬三山が見え始める。
いやおうなしに気合いが入る。
 栂池からゴンドラ、ロープウェイを乗り継いで、栂池自然園へ。
ガス巻く北アルプスが綺麗だ。
栂池自然園
 
 
ここから登りが始まるが、最初は樹林帯の中、直射日光も遮られ、
暑いけどなんとかなる状態であった。
 ここから1時間半でコースタイム通り、天狗原へ。
乗鞍岳への直登が始まる。岩場の段差が大きく、もも上げが
結構堪える。日も真上に来て、とにかく暑い。
 雪渓も残雪豊富で、200mぐらいの急坂直登。
なんとかアイゼン無しで行ったが、下りの人はみんな、
滑って困っている状態であった。2時間で乗鞍岳まで上がって
休憩。ケルンがアクセント。
ケルン パノラマ
 NEX-7のスイングパノラマで遊んでみる。
この先で今回唯一の雷鳥に遭遇。うちらいつも天気良すぎで
雷鳥には縁が無い・・・ 今回は子連れを期待したのだが
結局、お目にかかれなかった。
 大岩の頭を飛ぶように歩いて白馬大池を目指す。
白馬大池は始めて来たが、良いところでした。
白馬大池 白馬大池
 コースタイム通りで、昼過ぎには到着。今日は4.5畳に6人。
 換算すると、1畳に1.3人・・・
結構混んでる。でもまだマシだった・・・
 早速ビールで乾杯。汗かいた分を補給。う・ま・い!
今日は高校生が学校行事で来ていて、大池で泳いでいる
女生徒もいる。この水、ポンプアップで塩素足して飲み水になるんだけど・・・
 ここ、携帯も圏外。世間から隔離だ~。夕方まで散歩して暇つぶし。
雲の感じから焼けそうなので期待は高まる。
夕暮れ 夕焼け
 そこそこのヤケが楽しめました。
夕食はカツカレー食い放題。運動したけど、喰った方が多い。
消灯8時なので、喰って寝る生活、豚一直線。 
夜のテント村
 薄雲が広がって、星空はイマイチ。天の川も見えませんでした。
みんな早寝で、テント村も照明殆ど無しでした。
スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ブログde難波館 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。