FC2ブログ
ブログde難波館
Web Site「千景万色」を富士山写真の定番にする野望を持つアマチュア写真家「ヒロ難波」の独り言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
草紅葉の尾瀬(2012/9/29~30)
 2012/9/29、二つの台風の合間をぬって尾瀬へ。
会社の恒例、秋の登山である。
ここ数年、一揆朝焼けも雨に当たったことが無い。
今回も大丈夫だろう・・・
 午前一時に戸倉に着、八海山梅酒を寝酒に来るまで仮眠。
駐車場では「お父さん犬」が走り回っている。
 4時半に出発、タクシーで大清水へ。まだ暗いので、
明るくなるまで待機。空が白み始めたので、林道を
歩き始める。木道、階段を上って三平峠から尾瀬沼へ。
木道が朝露で濡れて滑りまくって怖い。
 尾瀬沼では草紅葉が始まっていたが、普段ならベストな時期の
はずなのに、紅葉が遅い。残暑が厳しかったせいだろう。
燧ヶ岳が聳えている。あの上まで行くのか・・・
燧ヶ岳
 
 長英新道経由で燧ヶ岳を目指す。
だらだらと登っていくが、台風の影響か、めっちゃ暑い。
下界では30℃、熱中症警報状態だ。
燧ヶ岳からの尾瀬沼 
 200m越えたあたりから、一気に足が重くなり、
牛歩状態。酸欠気味かな~
 頂上からはさっきまでいた尾瀬沼が、ハコニワのように見える。
見晴新道で下山、この路がくせ者で、林間を延々と下っていく。
下りの遅いメンバーが居るので、弥四郎小屋に着いたのは6時、
ヘッドランプ歩行になってしまった。
 でも、晩飯と風呂にはありつけた。ヤマケイのマップでは
下りは2時間となっていたが大嘘である。我々は3時間かかってしまった。
今日の歩行は17.5km、良く歩いたものだ・・・
 
  翌日は、疲れ果てたのと、台風接近で早上がりのため、至仏山はパス。
平滑の滝が見たいのでハシゴ場を下っていく。滝と言うより、急瀬である。
東電小屋、ヨッピ橋、竜宮十字路と、木道を歩いて尾瀬を満喫。
竜宮十字路の休憩場所で昼飯。
草紅葉、池糖、木道、逆さ燧ヶ岳と、撮影三昧。
ツタ紅葉 至仏山
木道と至仏山 逆さ燧ヶ岳
 山ノ鼻から鳩待峠へ木道・階段を駆け上がって3時に着。
タクシーを呼んだら、昨日、戸倉から大清水へ運んでくれた
 おじさんが来てくれた。
 戸倉に着いたら雨がパラパラ。温泉に浸かって、疲れを癒す。
高速に乗ったら台風直撃。大雨の中、ひたすら走る。
風で色んな物が飛んでくる。当たらないでくれ~と祈りながら、
なんとか無事に帰宅。帰ったら平塚は雨の峠は過ぎていた。

スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ブログde難波館 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。